❶ キャリアの形成

派遣社員として働く場合、派遣という働き方を単にその場限りの一過性のものとして考えるのではなく、自身の職業生活全体の中で位置付け、意味付けをしていくことが重要です。自分自身の希望や志向を明確にして、キャリアの方向性(キャリアプラン)を定め、そのための知識・資格の習得や派遣先の選択等を通じて目標を実現していきます。そのためには、キャリアコンサルティングが有効な手段になります。キャリアコンサルティングによって自身のキャリアプランを明確にし、必要な知識・資格の習得や仕事の選択をしていくことが可能となります。
一般事務から専門事務への転換を通じたキャリアアップ支援の事例
キャリアコンサルティング等を通じ、経理事務でキャリアアップを目指していく場合。
  • ❶ 第1段階として、PCスキルとヒューマン系のスキルを身に付けるための講座を受講させる。最初の就業先は、経理業務を分担して行っている、比較的大手の会社を紹介する。伝票整理等の補助的な業務から始まり、会計ソフトの操作やデータエントリー業務などを通じて、個別の経理業務を行う能力を身に付けていく。この間簿記3級の勉強を行い、資格を取得していく。
  • ❷ 第2段階として、経理業務を分担せず、まとまりをもって行えるような、例えば比較的小さい非上場の会社へと派遣先を替えていく。ここで、月次、年次の決算ができるようスキルを向上させていく。これと並行して、簿記2級資格の取得を目指す。資格取得に必要であれば、提携スクールの対策講座を受講する。
  • ❸ 第3段階として、上場企業のある程度高度な経理業務を行う派遣先を紹介していく。これがこなせればエキスパートである。これらの過程を通じて仕事の幅を広げ、専門性を向上させていく。
A9R5z43vj_1othian_3dw
A9R194tttu_1othiap_3dw 派遣社員として働く当初から、自身のキャリア形成について考え、検討しておけば、専門性の向上や職務の幅の拡大などのキャリアアップにつなげていくことが可能となります。将来的に正社員を目指す場合には、直接雇用化の有効な手段である紹介予定派遣を活用する方法もあります。派遣会社には、「キャリアアップに資する教育訓練の実施」、「キャリアコンサルティングの実施」、「キャリア形成を念頭に置いた派遣先の提供」が義務付けられています。派遣社員としても、派遣会社の行うこれらの支援を有効に活用し、自身の望むキャリアアップを実現していくことが求められます。
未経験者へのキャリアアップ支援の事例
  • ❶ 例えば、ある求職者が全くの未経験で住宅業界に興味があるとする。グループ会社に住宅建設会社があるが、営業職ならば(多少の適性はあるが)商品知識を覚えて未経験でも派遣することができる。
  • ❷ そのうちインテリアコーディネーターに興味が出てきたとすると、提携している専門学校を紹介して勉強してもらいインテリアコーディネーターとして就労してもらう。そして経験を積みながら今度はプランナーに転換してもらう。
  • ❸ その後結婚等の理由で退職されても、在宅ワークに就いてもらうスキームも選択可能であるし、子育て等が終わりもう一度就労したいということであれば職場復帰してもらい、紹介予定派遣という手順でどこかに直接雇用してもらうことも可能である。
(「派遣労働におけるキャリアアップ支援事例集」より)
製造派遣における「キャリアマップ」を活用した支援の事例
  • リーダーシップの養成や資格取得の支援、社員への登用などを、より計画的な教育研修やキャリアコンサルティングまで踏み込んだキャリアアップ支援制度にするため、「キャリアパス制度」として開始した。スタッフの入社後、最初はトレーニング期間があり、そこから独り立ちしていくステップがあり、スペシャリストを目指すコースや、リーダーを目指すコースへと別れていく。「キャリアパス制度」においては、働く中での選択肢を示した「キャリアマップ」を展開し、各段階での必要な要件を可視化する。そこに示された要件をクリアすることを目指せば、目標に近付いていく。
(「派遣労働におけるキャリアアップ支援事例集」より)

❷ キャリアコンサルティング

派遣会社は、雇用している派遣社員のキャリアアップを図るため、希望者に対してキャリアコンサルティングを実施する義務があります。「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業生活の設計に関する相談その他の援助を行うことをいいます。

「キャリアコンサルティング」の中心となる個別相談は、おおむね以下のような流れで実施されています。
A9Rneoy09_1othiar_3dw
キャリアコンサルティングを受けることによって、自分の適正や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解し、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待されます。つまり、自分自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段がキャリアコンサルティングということになります。
派遣会社の提供するキャリアコンサルティングの機会を積極的に活用して自分自身の能力を開発し、やりがいのある職業生活の実現につなげていきましょう。